トピックス

シャープで容易な粒子設計:フィルミックス® (2011年12月掲載)

フィルミックス®の特徴のひとつに粒度分布をシャープに揃える能力がありますが、周速や処理時間などの攪拌条件を変更することによって、ナノオーダーから数百μmまでの粒子設計をシャープな分布のままに行うことが可能です。

1.ポリマーの乳化処理


図1 150μmへの粒子設計

図2 15nmへの粒子設計


図1、図2はそれぞれ処理の異なるウレタン乳化の事例です。周速や時間といった攪拌条件や、処方などの界面化学条件の変更を行っておりますが、どちらも頻度20%を超える非常にシャープな分布を得ることができています。

2.流動パラフィン乳化物の周速による粒子設計


図3 流動パラフィン乳化物の粒子設計


図3は処方や攪拌時間は変えずに周速のみを変更した事例です。どの周速条件でもシャープな粒子設計を実現できました。このように、それぞれのサンプルに合う条件さえ見つかれば、容易に粒子設計が可能です。

かくはん塾
トピックス
新しい攪拌技術フィルミックス®
再凝集、性状の変化を防止:FM
可溶化まで可能!!!:FM
シャープで容易な粒子設計:FM
粒子球状化:FM
60年の実績ホモミクサーMARKII
高粘度にも対応!複合型攪拌機
ラボ・リューション®で可溶化
粉体の分散にホモディスパー
真空乳化装置/システム
文系でもわかるシリーズ
文系でもわかる乳化
文系でもわかるレオロジー
文系でもわかるフィルミックス®
文系でもわかるクリアスタア®
文系でもわかるCDMプロセス

HOME > かくはん塾 > トピックス > シャープで容易な粒子設計:フィルミックス®

ページの先頭に戻る