社報shinko〜親交〜 2012年02月号

CSR活動報告:理科実験プロジェクト参加報告

プライミクス株式会社

子どもの理科離れを防ぐことを目的に、大阪商工会議所と大阪市教育委員会が連携して実施している「理科大好き"なにわっ子"育成事業」。当社は2008年から毎年参加しています。今年度は「もののとけ方 小学校5年生」をテーマに授業を行いました。

■訪問した学校:
2011年12月08日 磯路小学校(大阪市)にて2クラス
2011年12月12日 木川南小学校(大阪市)にて1クラス

授業に参加したメンバーの感想をお届けします!

* * *


将来の産業界を担う人材を!とまでは言いませんが、昨日までの理科より少しでも理科が好きになった、と感じてくれる子がいたらよいなと思います。今年は「プライミクスに入社したい」なんて嬉しい感想をくれた子もいました。いつか、プライミクスの理科授業を受けたという子が入社することを楽しみにしています。
(乳化分散技術研究所® 本社研究室 下田 睦)

今回から企画が一新され、小学生の反応がどう変化するかな?と期待と不安を持ちながら参加しました。結果、前回よりも反応が良く安心。小学生に心洗われた気がします。
(乳化分散技術研究所® 本社研究室 破 拓朗)

今回、理科実験PJに参加して、攪拌機を用いて小学生と共同で実験することの楽しさがわかりました。
(技術部 システム課 安居 利将)

当たり前のように機械を使って製品を作っていますが、子どもにとっては衝撃的であったのが初々しかったです。そういう感動を与えられることを忘れず、モチベーションとして励みたいです。
(技術部 技術課 谷生 照樹)

ミキサーを動かしたときの子ども達の反応が新鮮で、また食い入るように見ているのが印象的でした。今回は先生役を担当させてもらい、子ども達にわかってもらえるように説明するのは難しかったですが、こちらも楽しい一日でした。
(サービス部 西日本メンテナンス課 福井 紳太郎)

今回初めて参加して、講師も担当することになりなれないことで思った以上に緊張しました。子ども達は興味津々に実験を行っていて、楽しんでくれたと思います。理科実験PJで楽しんだことが、将来に影響してくれたらよいなと思います。
(電池デバイス対策部 PEACE 北川 宏祐)

初めて理科実験PJに参加して、子ども達とマヨネーズを作って成功できてよかったです。
(生産部 淀川工場 内海 俊彦)

子ども達の興味を持ってくれたときの笑顔が、とてもやりがいにつながる活動だと思いました。ありがとうございました。
(業務支援部 総務課 藤野 健太)

今年はマヨネーズを作ったので、失敗しないか緊張もありましたが、よい企画になったと思います。大変ですが来年も新しい企画をみんなで考えていきたいですね。参加してくださったみなさん、お疲れ様でした。
(マーケティング本部 経営戦略室 室長 永井 康子)

最新情報
ニュースリリース
展示会情報
メディア掲載情報
社報shinko〜親交〜
Today's Notables

HOME > 最新情報 > 社報shinko〜親交〜 > 詳細

ページの先頭に戻る