会社沿革

1927年(昭和2年) 日本初の工業用クロムめっき工場として、豊田喜一郎氏(トヨタ自動車株式会社 創業者)の支援と古市勉氏(株式会社神津製作所 創業者)の協力を受け「東洋クローム株式会社」を大阪市西淀川区(現福島区)に設立。当社創業者 古市修次に経営を委任されクロムめっき加工を開始。
1933年(昭和8年) 大阪市西淀川区(現福島区)に淀川工場を新設
1944年(昭和19年) エメリーフィレット部門を東洋クローム株式会社より分離して「東洋エメリーフィレット株式会社」(現トクシュ技研株式会社)を設立
1949年(昭和24年) 1947年に研究を開始したホモミクサーの製造、販売を本格化するため、攪拌機部門を東洋エメリーフィレット株式会社より分離して新会社「特殊機化工業株式会社」を設立。同時に放出工場(大阪市)を設置し、高速攪拌機の製造メーカーとしてスタートを切る。
1950年(昭和25年) 関東地方の販路拡大のため、東京都中央区日本橋の赤木屋証券内に東京営業所を開設
1954年(昭和29年) 東京営業所を千代田区神田東今川町へ移転
1962年(昭和37年) 社報「親交」創刊
1964年(昭和39年) 1月、古市 實が代表取締役社長に就任
東京営業所を港区浜松町へ移転
1967年(昭和42年) めっき部門(現トクシュ技研株式会社)移転のため兵庫県尼崎市に武庫川工場を新設
1971年(昭和46年) 本社淀川工場の旧工場を解体し淀川新工場が完成。新工場の完成により放出工場の加工機部門を淀川工場に統合し、生産能力の拡大と合理化を図る。
1974年(昭和49年) 資本金を8,019万円に増資
1975年(昭和50年) 東海地区の販売、サービスの充実を図るため、名古屋出張所を開設
1981年(昭和56年) 東日本の技術サービスの拠点として、埼玉県川越市に埼玉工場を新設
1986年(昭和61年) サインポンプN・V社と技術提携、サインポンプ事業部を発足
1990年(平成2年) 東海地区の販売、サービスをさらに強化するため、名古屋支店を新設
1992年(平成4年) ベネズエラのINTEVEP社とオリマルジョン乳化機の製造に関する契約締結
1998年(平成10年) ISO9001:1994認証取得(淀川工場と埼玉工場で製作される攪拌機、サインポンプが対象)
1999年(平成11年) 2月、古市 章が代表取締役社長に就任
2002年(平成14年) 東京支社を港区芝浦へ移転
2003年(平成15年) ISO9001:2000認証取得
2004年(平成16年) 5月、古市 尚が代表取締役社長に就任
会長 古市 實が旭日双光章を受章
中国の上海市嘉定区安亭鎮に上海藤凱鼎和机械有限公司(現 上海譜莱密克司机械有限公司)を独資で設立
2005年(平成17年) 韓国にソウルオフィスを開設
11月21日、社名をプライミクス株式会社に変更
2007年(平成19年) 創業80周年を迎える
2008年(平成20年) ISO14001:2004認証取得
2010年(平成22年) 2009年度 関西経営品質賞を受賞
大阪ものづくり優良企業賞2010 最優秀企業賞を受賞
ISO9001:2008全社認証取得
2012年(平成24年) スイスのビューラーAGとリチウムイオン電池分野で技術提携
韓国の京畿道龍仁市にプライミクス/ユンスン株式会社を合弁で設立
2013年(平成25年) 大阪市福島区に大阪支社を新設
2015年(平成27年) サインポンプ事業をワトソン・マーロー株式会社へ譲渡
本社および工場を兵庫県淡路市へ移転
埼玉県川越市に東日本エリアのサービス、メンテナンス拠点を新設
2016年(平成28年) 本社/工場が第29回日経ニューオフィス賞 近畿ニューオフィス推進賞を受賞
2017年(平成29年) 創業90周年を迎える
※製品の受賞歴はこちらをご覧ください。
企業情報
ごあいさつ
会社概要
企業理念
会社沿革
中期経営計画
ISOへの取り組み
乳化分散技術研究所®
事業所
関連会社

HOME > 企業情報 > 会社沿革

ページの先頭に戻る